イラスト依頼の流れや金額について①

2020年6月8日

今回の目次は4つに分かれています。どのように絵が完成していったのかを先に知りたい方は上記の3イラスト制作の流れを見て頂けると嬉しいです。また4最後に、にはムッコさんから絵を依頼される方への的確なアドバイスが書いてありますので、とても参考になると思います。ご覧になって頂けたら嬉しいです。

そしてついにちゃんぷるーぶろぐのアイコンが完成しました!(パフパフパフパフ!!)

四季バージョンで4パターン

めっちゃ可愛いですよね!可愛くないですか!?(笑)私こんな格好してみたいんですが、The旅人だし、いつも買い物行くときリュックだし(荷物を入れられるように)おてんば過ぎて、服破くこともあるし(突然思い立ってハイキングに行ってしまうとかで)おまけにアマゾン川で蚊に刺された痕が何年経っても消えないし、先日は引っ越し中に大きな青タン作っちゃったし…^^; 最近お洋服買いましたが黒ばかりでした!

こんなにスタイルはよくないしもっとぽっちゃりしてます(意外と着痩せするタイプですが^^;)、とも伝えましたが、優しいお姉さまがスタイルの良いお嬢さんを書いてくださいました。

アイコン詐欺です!(爆)万歳!!

尚アイコンは、ムッコさん(ムッコさん) に書いて頂きました。

ムッコさんのツイート

ムッコさんのツイートも貼っておきますので、とても可愛い絵や美味しそうなごはんや素敵な散歩風景が沢山ありますので是非ご覧になって頂けたらと思いました。

どのような流れでお願いしたら良いのか?

今回は全くの初心者が何も分からずにお願いしたので、かなり制作して下さる方々にご負担をお掛けしてしまいました。ですので、アイコン制作を個人的に依頼する場合の1つの参考にして頂けたらと思いこのブログを書いてみました。

たまたま仕事で工場のシステム設計をされている方とお話ししてたのですが、その流れが、絵の依頼にそっくりだなと思いました。

システム設計の場合は、ヒヤリングと整理をした後、概要設計をしプログラムを作り、その後ミスがないかどうかテストを行い、システム移行と切り替えに移るということで、例えばですけれども、建築設計を依頼する場合も大まかに分けますと大体6段階になるそうで…。

その1;ヒヤリングと整理
その2:ラフ画での擦り合わせ
その3:図面起こし
その4:建築作業
その5:耐震性などのテストや不備がないかをチェック
その6:完成

という大雑把にですし、システム・機械設計の中にはアジャイル開発(プロトタイプを作りながら少しずつ改善し機能を充実させていくのが一般的)というような流れもあるそうなので、一概にこうとは言いませんが、アジャイル開発の方がより密なセッションが必要になり、1つ1つの機能を小さな単位で分割するので、機能拡張するときに、苦労することも多いそうです。

そして私の今回の依頼方法はアジャイル開発法に近い依頼で、その上あれこれ注文をつけるという…結果的に描いて頂いた絵が多くて、苦労をおかけしました…。

本当に申し訳なかったので、これから依頼される方やイラストを描かれる方は下記のような工程で作り上げると、よりスムーズかもしれません。

イラストに当てはめて考えると下記の6段階で進めていくのが1番良いとおもいました。

(1)ヒヤリングと整理(土台は一緒だと思います。) 
(2)下書き(色付き前)を見せて訂正点を出す 
(3)依頼に合わせて絵を描いていき、この絵で良いかどうか聞いてみる(必要ならカラーも付けてみる)
(4)大丈夫であれば完成に近いイラスト作成
(5)この絵でいいかどうか再度確認し、訂正点があれば直す
(6)完成

私は最初丸投げ依頼してしまったので、めちゃくちゃアイコンを描いてもらうというとんでも無く申し訳ない結果に陥りました。

後ほどその工程を絵も加えつつ、説明させてください。

イラストの依頼料はいくら?

次に、イラストの依頼料についてですが、ざっと調べたところによると、一般的には2000円〜20,000円程でした。

売れっ子やプロの方は20,000円以上になります。上限は分かりません。

友だちがサイ○ーエージェントで長年働いていて、今は独立し色んな企業さんのところで、開発業務しているので…その辺の金銭事情も、聞いてみました。

それで「イラストのアイコンやヘッダーは幾らぐらいするのか?」を聞いてみたところ、大手の広告代理店では、新人デザイナーには1件当たり2万円〜で受注していると教えてもらいました。

一方で、デザイナーなどの肩書きはないけれど、絵が上手な方や、駆け出し中の方、それが売り物になる方などは、様々なサイトさんで絵を描くアルバイト?があるらしくて、その感覚で言うと1件あたり2000円らいから販売できるそうで…。これはですね今回書いてくださった方が教えてくださいました。

結構大きなひらきがあるんだなぁと思いました。

今回は自分で選んだ、絵の感じも好きな方たちにお願いするから、最低ラインでも1件2万円でお願いしたかった訳ですが…。お願いした御二方がめちゃくちゃ良い方で…。その上結構割り引いていただきました。ありがとうございました。

お2人ともデザインの仕事をしたことはありましたが、まだそこまでの金額を受け取るのは申し訳ないし、全然もっと安くても良いですよと言ってくださるような方でして、どれくらいの経験値なのかとか、その辺りのことも私に素直に伝えてくださるし、誠実な対応をしてくださるので、余計にですがちゃんと支払いたいなと思いました。

新しいブログを作る上で、はじめにブログに係ることは成るべく新しいモノや新しいコトに囲まれていたかったので、有名なデザイナーさんにお願いするよりも、これからの素敵な未来の方々にお願いしたいし、単純に好きを集めたかったんです。

それで私は普通に支払いたい!お二人は、もうちょっと安くて大丈夫!という謎の攻防がありました。そしてご好意に甘えさせてもらいました。

プロかプロじゃないかも難しいところですよね。それに絵を書く人の人柄が好きじゃないと、何かつまらないし、見てピンと来た人にお願いしたいというか…。そんな心情なので、絵の中には書き手の心情や思想も入り込むでしょうし、精神的な部分と繋がるものだと思うのでそういう意味でも、ちゃんとお金を支払いたい感覚では居ます。

それは画家の絵も一緒だと思いますが、亡くなってから評価される方だってたくさんいらっしゃる位ですからより金額を付けるというのは難しいのだとは思います。

ただ大体これくらいという幅はあるようなので、参考になったらいいかなぁとは思いました。良い意味で参考にして欲しいし、悪用はご遠慮下さい。

そして安い給料で働かせる目安にはしてほしくないのと、その逆も然りですが…。

皆さんが生活する中で、「大体今はこれくらいの価格で取引されているようですよ。」という平均的なお話でした。

また話は変わりますが、私の知り合いにも、スキー場で働いていた方が居まして、今はTHE NORTH FACEやいろんなブランドで、デザインを書く有名デザイナーになった方が居ますが、元々そのような仕事をしていた訳でも無くストリートアートや、落書き程度にあちこちで絵を書いている人でした。

例えば冬になるとスキー場には各スキーやスノーボードメーカーの方が来ますので、そこで上手に滑っている人を見つけて声を掛けるんです。「ウチのブランドの服着てくれませんか?」と。

それに、スポンサーが欲しい人であれば、スポンサーが来ている事を聞いたら、自分の技術を見てもらえるように上手くアピールしてみたり…。そうすると、そのブランドのウェアやスキーやスノーボードの板の宣伝になるんで、メーカー側も上手な方にお願いするんですが、有名デザイナーになった知人はたまたまスキー場で描いてた絵がメーカーの方の目に留まり仕事を依頼される流れになったということでした。そこからどんどん仕事が増えていったそうです。

ですので、どこにチャンスがあるのかは分からないし、正直値段をつけるのは難しいのですが、労働に見合う対価は支払いたいので、もし誰かに、気に入った絵をイラストアイコン描いて欲しいとお願いする場合は、1〜2万円ほどを考えておくのがやっぱり良いのかなと思いました。ヒヤリング回数少なく短期間で描いて貰うなどの場合は5千円くらいでもありなのかもしれませんが、そうなると追加で依頼するのも言い難い気持ちにもなりますから、お互いが気持ち良く過ごせるのが1番ですよね。

また、そのアイコンを書く時間、構想をねる時間、ヒヤリングする時間などを考えると、かなり時間をとらせてしまいます。私の場合は1週間くらい時間をかけて頂いたので、時給換算してみると少ないくらいかもしれません。

以上が金額に関する事柄でした。それを安いと捉えるか高いと捉えるかは個人差もあると思いますが、是非素敵だなと思った方が居れば、断られる事も有ること前提にお声がけするのが1番だと思いますし、後から金額のことで揉めないためにも、最初に金額設定を話し合いされると良いのかなと思いました。

イラスト制作の流れ

何度も言いますが、最初はかなり丸投げの依頼でして、とてもムッコさんにご迷惑をお掛けしました。

またTwitterで仲良くして頂き、友だちとしても書いて頂いた部分があると思うので、こんなに沢山書いてくださいましたが普通はこんなに書いてくれないと思うし、最初は途中経過として、色を塗らない下書きが届くと思っていたほうが良いかも知れません。

①最初に真面目な感じで、白シャツを着たアイコンにして欲しいと頼んだところ…。このような絵が届きました。

・真面目なイメージで白シャツがいいと言った為に書いてもらった絵①
・白シャツピンクバージョン②

十分可愛いのですが、ムッコさん(ムッコさん) (Twitter上で仲良くしてもらっているお友だち)

「うーんなんだかなぁ🤔」と考えてくださり、②さらに全身入るお絵かきにして欲しいと、お願い…しました。好きな感じのお洋服を写真で伝えたり、ギンガムチェックも好きですと伝えましたところ…。

・ムッコさんらしい素敵な絵

今となってはこの絵はこの絵はとてもしっくりくるし、むっこさんの絵のセンスが全開で大好きなのですが(あわわ)、③もう少し太らせて欲しい。ジャケットをサーモンピンクにして欲しい。髪色も変えて欲しいとわがままてんこ盛りを伝えまして…ドーン!これもまた可愛い5パターンが届きました。

・背景パターンを幾つか変えて頂いたもの、目の色を変えて欲しいとお願いしました
・グリーンお目々の素敵な絵

直して欲しいところを伝え、加えて欲しいデザインやアイディアなどを提案し、また描いてもらい、わがままにもお目目を少し小さめで書いてもらいました。そして完成したのがこちらです。

最初にご紹介した絵になります。

その上、この完成型は4パターンあったのですが、それは一気にお見せするのも勿体ないのでまた少しずつお見せできたら嬉しいです。

最後に

ムッコさんからのアドバイスも数々頂きまして、今回のブログ記事は書けました。最後にですがムッコさんからのメッセージも書いておきますね。

修正はちゃんと言ってもらった方がいい。気を使って褒めたりしなくてもいいから、何をどう直すのか、どこまでお任せなのかはっきり言ってくれると助かります。

とのことで、これに尽きるなと思いました。大体は下書きがあり、それを確認して進めていくみたいですが、今回は特別に…とんでもなく沢山書いて頂いて…(お友だちとしての気持ち+αも含めて書いて下さいました。)。

まだまだお礼が足りないくらいです。本当にありがとうございました。