おすすめレシピ‥レンズ豆の煮込み料理

材料

塩コショウ(スヴァネティソルトも使用) 分量はYou Tube動画の概要欄を参考に…。

レンズ豆 

人参

玉ねぎ

にんにく

ベーコン(ハムで代用、ベジタリアンの方はマッシュルーム等が良いかと)

ミニトマト(レシピには書いてませんでしたが、トマトの酸味が好きなので6つくらいを切って入れました。)

オリーブオイル

お水

手順

①オリーブオイルを大さじ1入れて、にんにく、玉ねぎを入れて炒める。ここで塩コショウする。(お野菜を炒める時は白胡椒が良いみたいです。)

②人参、ハムも入れてよく炒める。

③分量のお水を入れて、ローリエとローズマリーを入れる。

④沸騰させたら弱火で30分水分が無くなるまで煮込む

※お豆を食べてみて、柔らかくなっていれば完成。

もしお豆がかたかったり、もう少しお水が必要であればお湯を沸かして追加で入れてみるカップ2分の1〜カップ3〜1位から調整する。

飾りにディルを使い出来上がり。

レンズ豆の煮込みジョージアンスタイル

いつも三國シェフの動画レシピを見ていますが、お味がバッチリ美味しいです。

追加で入れたのはミニトマトで、ベーコンがなかったのでハムで代用しました。

パンと一緒に食べるととても幸せです。

またこのレシピならばハムを取り除けばベジタリアンの人でも食べられます。

其の場合は濃い味を出すのにドライトマトを入れてもコクが出ると思うし、Georgiaにある漬物のようなジョンジョリを後から入れて味と食感を増やすのもいいと思うし、具だくさんにするために、茄子やズッキーニを細かく切って入れるのも有りだと思いますし、マッシュルームは美味しい出汁が出るので、入れるのはマストかなと感じました。

პური(プリ)と書いてパンと読みます。

焼きたてのパンが1個約30円で買えます。そしてこの大きさですから2日は食べられますのでとても格安な食費です。それとレンズ豆やスープ、サラダと食べたら、とても幸せです。

安いのに美味しいパンなんです。特に家の近所のパン屋さんは今までで最高得点を私史上で獲得したお店です。塩気が強すぎたり、翌日になったらかたくなってしまうとかありましたが、こちらのパンは翌日も柔らかいです。温めるとパリパリになるのですが、パリパリよりはモチモチが好きなので温めずに冷たいまま食べていますが凄く美味しいです。

本当に美味しいので食べてもらいたい…。というか日本にいるときってそんなにパンに対して魅力を感じていなくて、殆ど食べていませんでした。寧ろ給食のコッペパンはスカスカなパンで(好きな方には申し訳ないです。)すぐにお腹が空いちゃうので嫌いでした。

このプリと呼ばれるパンに、バターを塗ったり、たらこの缶詰を付けたり、チョコレートを塗ったり、ピーナッツバターを塗ったり、ジャムをのせたり、野菜をのせてサンドして食べてみたり…色んな食べ方が有ります。

ハーブも1袋30円〜で買えますしお野菜も安いので500円出せば両手に持ちきれないほど沢山のお野菜を買えますので、それで1週間は暮らせてしまうかもしれません。

鶏肉も丸鶏1羽が小さいサイズで200円、大きいサイズだと500円です。

節約をあまり考えなくても、自炊していればそんなに高い値段にはならないし、牛肉も塊ですが1キロ500円位で買えますので、とてもお得かと思います。部位によって差がありましてバラバラですのでそこはスーパー等で確認されるのが良いかと思います。

私はジョージアの牛肉も大好きです。この牛肉は放牧されているのではないかな⁉と勝手な推測ですが、程よく脂肪が付いていて、赤身の多いお肉なので、オージービーフのような感じですが、とても美味しいです。日本の霜降り肉は余り食べられないと言うか、これまでも数回位しか食べたことが無いと言うか、余り好きじゃないんです。ですから、ジョージアの牛肉はヘルシーで身体にも良くて美味しいと思います。

私は野菜は市場や商店で買いますが、お肉はスーパーが多いです。出来るだけ地元の人にお金を落としたいのですが、お肉の質が一定なのはスーパーだと思うし買って品質が悪かったということも何度か経験しているので、今はスーパーで買うことが多いですが、近所にお肉屋さんがあっていつも鮮度の良いものを置いていたとしたらそちらで買い物すると思います。

今日作った食事は、レンズ豆の煮込み料理でした。