ネイルサロンとまつ毛パーマしてきた(日記)

2020年8月8日

少し前にネイルサロンに行ってきました。

ジェルネイルと、まつげパーマみたいなエクステ付いてる感じはしないですがどうなんでしょう?(あまり濃くしないで欲しいと伝えたので控えめです。)あとは眉カットとカラーリング(眉毛薄いんですよね…。)なので眉毛は効果があったのかどうか怪しいですが…。言われてみたら形整ってる感じがしますが、これは外国人とかのしっかりした眉毛が有る人向きかもと思いました。日本人でも自眉毛がしっかり有るよ❢❢と言う方にはオススメです。中程度のサロンで、1万円台で眉毛のアートメークが出来るので行こうかなぁ?と迷い中です。

新しい箱から薬剤などを出して使ってくれました。

行ってきた場所はまた次回ブログに綴るかもです。

店員さんは美女ばかりでした。お店の前に美女が立っていたので、入り口はすぐ分かりました。

庶民店って感じの所で、どうしてそこを知ったかと言えばグーグルマップを見ていて気になったからでした。Facebookで予約が出来ましたが、情報が古いのかレスポンスがイマイチでしたので、直接行ってみるとすぐに出迎えてくれました。(予約は見ててくれたのかな?)

ネイルサロンとヘアサロンと脱毛、エステとかがこちらだと大体一緒になってますが今回行ってきたのは、ネイルとまつ毛、眉毛と一部脱毛もしてくれるのかな?と思います。ヘアサロンはしてないとのことでした。

激安店→庶民店→普通店→高級店→超高級店(主に外国人向け)みたいな感じだと思います。

店内の様子は高級店になるほど豪華になるかもしれませんが、社会主義国家だった名残も強く普通店も、高級店もメニューが安いところが多いです。

トータルコストは、①ネイルOFFとジェルネイル、②まつげパーマ?エクステ?パーマなのかな?良くわかんないけど全然まつげは重たくないです。③眉カットとカラーの3点で合計142ラリでした。

142ラリだと日本円にすると、4895円です。

(内訳)
①ネイルオフとジェルネイルが50ラリ≒1723円(ジェルネイルにも色々と種類が有り、安い材料を使えば25ラリ位から出来ます。使った種類と、デザインもお願いしたので少し高めだそうです。)
②まつげパーマ35ラリ≒1200円
③眉カットとカラー55ラリ≒1896円
④コロナ禍の追加料金2ラリ≒68円(歯医者さん等でも加算している所が多いみたいです。消毒液などの購入も有りますからこれは必要なことかもしれません、そもそも非常に安い価格で提供してくれていますので。)

以前ネイルをしたものをオフしてもらおうとしたんですが「これいくらしたの?」と聞かれて50ラリと答えると、「うちだと25ラリだよ!50ラリなんて高すぎるわ!」とのことでご立腹でした。えぇ…私が怒られるのか…?^^;

それもジェルネイルのような感じだったんですが(工程が)、ロシアの早く乾く素材のものらしくて50ラリは高いとのこと…。ふむふむそうなんですね。

外国人が参入して来て値段が値上がりしているし、その間に入る人たちがお金を取っていくのが嫌なのと話していて、なんとも複雑な気持ちになったというか…同じ外国人と分類されて、白い目で見られるみたいな経験をしまして、そう言われても…と思いました。

資本主義思想が悪いとは思えないし、別なチェーン店はもっと店内も綺麗だったし、スクールもしているお店だったのでネイリストの人たちも親切丁寧でした。

情報が新しいから、新しい技術を受けられる感じはしました。

ただ安く提供してくれるところは、技術者みたいな感じで確かに手さばきは良かったし、プロだなぁと思いました。

そんな感じで取り留めもないことですが、最近トビリシにもジョージア国内からの観光客が来ているみたいで、「中国‼(差別的な感じで)」と言われることも増えてきました。

ちょっとイライラするよね…。あまりいじめられすぎたりすると被害妄想も大になるから辞めて欲しいかもと思ったり(笑)

すいませんが取り留めもないことを…。ストレス溜まっている時は弱いものに向きがちですから、それは醜いですし辞めたほうが無難ですよね。私はトビリシの中心部に住んでいます。ルスタヴェリと言われる地域の人たちは、穏やかで優しいし素朴な感じな人たちが多い印象です。

多分下町みたいな感じなのかな?なんて思います。確かに私は田舎者だから田舎コンプレックスって子供の頃有ったしな…。とそんなどうでもいいことを思い出したのでした。

きょうはまた取り留めもない日記を書いてみました。

それではまた御機嫌ようめるでした。